矯正治療の方法とは

歯が生え揃った後は、歯並びが自分で勝手に変わることはまずありません。
大きくは歯並びが崩れてしまった場合は、
何も対策をしない限りはその歯並びのままで過ごすことになり、
見た目が悪くなるのはもちろん、虫歯や歯周病が出やすくなるなどの実害も出てきます。
矯正治療は、そんな乱れた歯並びを元に戻すための治療法で、
時間は掛かるものの、綺麗な歯並びを作ることができます。

 

矯正歯科などで行われる矯正治療ですが、
ワイヤー矯正は最も基本的な治療法といわれています。
ワイヤーを使って歯を固定して、歯の位置を正しい位置に移動させていきます。
歯の表面にワイヤーを取り付けるので、見た目が悪いという欠点がありますが、
中にはワイヤーの色が目立たないように、
白い塗装が施されたホワイトワイヤーを使用している矯正歯科も見られます。

 

ちょっとした歯並びのずれなら、マウスピースを使用する矯正治療を行います。
マウスピースを取り付けて過ごすことで、少しずつ歯並びを修正することが出来、
ワイヤー矯正などより強力な固定法で大まかな形を整えた後、
マウスピースを使って仕上げをするという使い方もあります。
色も透明なのでワイヤーよりも目立たず、
周りの目が気になるという方も安心して利用できます。

 

インプラント矯正は専用のインプラントを使用して治療を行います。
歯の一部に穴を開けてインプラントを取り付けることで、
過去の治療法では抜歯しなければ出来なかった治療も抜歯せずに行える上、
治療期間を短縮させることが出来るので、早く綺麗な歯並びにしたい時も重宝します。
 


このページの先頭へ戻る